ファッションでコンプレックスを

女性なら誰しも体型に関する悩みを持っているものなのですが、身体にコンプレックスがあると自信が持てなくなり、堂々と外を歩けないと男性に近寄りがたいという印象を与えてしまうかもしれません。そこで気になる身体の部分を上手に隠したいという場合、着やせできるファッションテクニックについて知っておくと良いでしょう。体の特徴は人それぞれで悩みもそれぞれ違っていますが、体を変えるのは難しいことであるため、ファッションで気になるところをカバーするというのがオススメです。まず、脚が太いことで悩んでいるという場合、足首の一番細い部分だけを見せるようにするというのがポイントです。細い部分だけを露出することで全体を華奢に見せる効果があり、パンツはヒップから真っ直ぐ落ちるストレートまたはワイドタイプのものを選ぶと良いのですが、裾がアシンメトリーな形になっているスカートには、脚のラインを意識させないという効果があります。足が短くて悩んでいるという場合、ハイウエストのパンツやスカートを選ぶのが良く、ベルトでウエストマークをするというのもファッションのポイントです。これによってウエスト位置を高く見せることができ、足を長く見せる効果を期待できるのですが、トップスの袖丈を五分や七分にすると重心が下がり、さらに足を長く見せることができるでしょう。お尻が大きいことで悩んでいるという場合、タックパンツでお尻の形をカバーするという方法があります。パンツにタックがあるとお尻が大きくても無理なく穿くことができますし、見た目もすっきりします。また、お尻を隠すためにトップスで覆っているという人も多いのですが、ウエストとメリハリを付けてくびれを強調するのが良く、お尻をトップスで全て覆ってしまうと逆にシルエットが目立ってしまいます。お腹をカバーしたいという場合、カシュクールデザインのトップスや変形カーディガンを着るのが良く、ストールなどで縦ラインを作るという方法もオススメです。ファッションを利用したコンプレックスのカバー方法について詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。

肌の露出をできるように

詳細はリストから・・・