細い人も逆を狙っていけば

体形は洋服を着こなす上で大切なポイントとなります。どんなにかっこいい服を着ていても体形が綺麗でないと全体の印象がカッコよくなることがありません。ファッションをおしゃれに着こなすには、太り過ぎていても痩せ過ぎていても上手くいきません。しかし、ダイエットや身体を鍛えることでボディラインを引き締めるには、長い時間と努力が必要です。そこで、もっと手軽に綺麗なボディラインを手に入れてファッションコーディネートをカッコよく着こなす方法が、服の色合いで着痩せするということです。人がその人の体形を気にするのは服を通してなので、これを逆手にとって洋服を着ているときに痩せて見える服装を着ることで、細身のおしゃれなスタイルを作り上げることができるのです。そこで、細身に見えることを狙う洋服の選び方は、収縮色の色合いのものを選ぶということです。収縮色とは主に濃い色合いを指しており、黒や紺色などの暗めの洋服を選ぶことにより、着痩せして見せることを狙うことができるのです。例えば、フィット感のある黒いボタンシャツは体のラインを美しい細身に見せてくれる効果があります。また、こうした色の効果を応用して膨張色の洋服を取り入れれば、もともと細い人をしっかりとした厚みのある体形に見せることもできます。細身であることがコンプレックスで身体を鍛えて厚みを出したい人は、収縮色ではなく膨張色のボタンシャツを着れば、胸板の薄さを目立たなくして堂々とした印象を作り出すことができます。膨張色として使うことのできる色は主に暖色系とされており、ダルトーンなどの少し明るさのある色相のものを選ぶと効果が大きいです。例えばオレンジ色や辛子色、赤色などのシャツが適しています。このように、色の効果をファッションに取り入れることにより、太っている人はスッキリと細身に見せることができ、また細身過ぎる体形の人は身体の薄さをカバーしてしっかりとした印象を作り出すことができます。

着膨れしては意味が

詳細はリストから・・・