色使いでダサくなる

人には似合う色とそうでない色があります。これはキャラクター性もありますが、肌や髪などのファクターが大きく、まず自分に似合うカラーを経験的に見つけていくことがとても大切なのです。しかし、それだけではなく、全体的な色使い、合わせ方でスマートな印象になったり、ダサくなったり、ということが絶対的にあるのです。 どうしたら洗練されたファッションを作り上げることができるか、全体がキレイ目なスタイルにまとまるのか、ということを考察してみましょう。まず服や持ち物の色使いがばらばらであったり、多すぎたりすると落ち着かない印象になります。そのときのテーマカラー的なものを絞って決めて、それを中心にアイテムを纏めていくことをお勧めします。アイテムによってはマルチカラー的なものもありますが、その中のポイントカラーと他のアイテムを揃えていくことも同じ効果を齎します。また、自分のテーマカラーを常に持ち、それを中心にアイテムを買い足していく、というのも長い間に自分のスタイルを構築していくのには大切なことでしょう。 しかしお手軽な例として全てを黒一色で纏めるなどはあまりお勧めできません。黒尽くめであるならば、その服のスタイルをエッジの効いたものにするのか、それともゆるいスタイルで纏めてみるか、などよりいっそう高度なテクニックが必要になってくるからです。安易に黒で纏めればよいというものではないのです。むしろ若いうちにいろいろなファッションを試してみて、こんな組み合わせが自分には合う、こんな色使いはダサくなるのだ、という経験を沢山積むことも大切なことなのだと考えます。服を買うときにもできるだけ試着をし、ショップスタッフの意見を聞いたり、同じアイテムでも色違いを試すなどしてみましょう。もしかしたら思いがけず似合う色を見つけるかもしれません。そうして蓄積された自分なりのデータがよりいっそう洗練された自分のスタイルをもつ大人になるために役に立つのです。

ビビットカラーは上級者

詳細はリストから・・・